FC2ブログ

cub混 2nd

. 2017年6月24日(土)Kさん主催の混活パーティー(オフ会)に、参加しました。その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

. 2017年6月24日(土)Kさん主催の混活パーティー(オフ会)に、参加しました。その1

2017年6月24日(土)、混友のKさん主催の混活パーティー(オフ会)に参加してきました。
パーティー会場(笑)は、静岡県伊東市の「藤よし」。
参加者は4組のご夫婦・カップルさんと、オイラを含む3名の単♂の計11名でした。


なにかと顔の広い(笑)Kさんのお陰で、
今回は「宿泊者専用 有料貸切り風呂」を、
特別に日帰りで利用させて頂きました。
(しかも無料で)



玄関(?)を入ると、先ずはテーブルのあるチョッとしたスペースが有り、


その隣には20畳位の部屋が。

人工芝が敷き詰められた部屋の風呂側に寄せて、4畳半位の畳敷きの「小上がり」が造って有り、大きめのテーブルが設置されています。
Kさん主催のオフ会には欠かせない
「冷えたフルーツパーティー(笑)」をするには、もってこいのスペースです。

そしてその隣には、15人位は入れる浴槽とそれに隣接する畳敷きスペース。


なかなか豪華(かな?)な造りになってます。
そして奥には、身体を洗える「洗い場」付きの小さな浴槽スペースも有ります。

この人数での混活パーティー(オフ会)をするには、至れり尽くせりの貸切り風呂デス。
(* ̄∇ ̄)ノ

さてさて、どんな盛り上がりをみせるでしょう。

つづきは【限定記事】にて。

. 2017年6月10日2週続けて西伊豆温泉行その4【限定】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

. 2017年6月10日2週続けて西伊豆温泉行その3【限定】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

. 2017年6月10日2週続けて西伊豆温泉行その2【限定】

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

. 2017年6月10日2週続けて西伊豆温泉行その1

6月10日(土)、先週にひきつづき、またまた西伊豆へ行ってきました。(^-^)

今回の同行者は、混友のご夫婦とそのご夫婦の友達ご夫婦。
先ずは雲見の「赤井浜露天風呂」に行ってからそのあと「いでゆ荘」というプランを立て、「赤井浜露天風呂」にAM9:00に待ち合わせすることに。


当日は、AM4:00にcubで家を出発。
途中2回休憩を入れて、AM9:00に「赤井浜露天風呂」に到着。

先客はご夫婦が1組、ご主人は裸でしたが奥様は水着着用デス。
「こんにちは。ご一緒してもいいですか?」
と声をかけると、「どうぞ~。」と返して頂きました。それでは服を脱ぎますか。(^-^)
脱衣の棚にはご主人の荷物が当然有るのですが、履き物がなんと「○げ(げんべい)」のビーサン。
ひょっとしてご近所さんかと思い、「どちらからですか?」と尋ねたら「埼玉デス。」
あれ?違った。
「いや、げんべいのビーサンを履いてられるので、テッキリご近所さんかと思って。(笑)」
「神奈川からですか?」
「はい、げんべいの在る町の隣町の横須賀デス。オイラは手ぬぐいが○げデス。(笑)」
「兄夫婦が東逗子に住んでて・・・でも、ビーサンは北海道で物産展みたいなのにげんべいが出店してて、そこで買ったんです。(笑)」
なんて話から、温泉談義他いろいろお話させて頂きました。
途中、単♂君が来湯。防水のリュックだったので「バイク?何処から?」と声をかけたら「湘南・・・伊勢原デス。」と。
そしてしばらく4人で話に華を咲かせていました。
ご夫婦が上がられ、しばらくして単♂君も上がったところに、別の単♂さんが来湯。
コチラの方は、あんまり話好きではなさそうなので、お互い離れて入浴してました。(笑)

時刻はAM10:00。遅いな~。
まぁ、今に始まった事じゃないけど。(笑)(^o^;)
すると、また別のご夫婦が来湯。
御主人が「マイ桶」を持っている。
「おっ!マイ桶ですね。(笑)」「ハハハ」
続いて奥様も湯槽にやって来た。コチラの奥様はハンドタオルのみ。そして「マイ手桶」をお持ちでした。
「その桶の材質は何ですか?」と尋ねると、
「ヒバです。」との返事。
「ヒバも良い香りがしますよね。」
「オタクのは?」
「桧にしたかったけど、高価なのでサワラです。(笑)(^o^;)」
なんて会話をしていたら、後ろ(脱衣所)の方から数人の話し声が。
やっと待ち合わせの2夫婦が到着したみたいデス。(^-^)

つづく

. 休業中の北川温泉「黒根岩露天風呂」

「いでゆ荘」へ行った帰り道。
5月29日(月)から6月いっぱい休業中の、
北川温泉「黒根岩露天風呂」へ寄り道して
みますた。 (。・ω・。)ゞシャキーン!




女性専用浴槽へ行くための通路を、山側(道路下)に作るため、山側に有った岩を削っていました。
真ん中の湯槽奥に有った通称「玉座」も、見事に削られていました。(笑)

リニューアルオープンは、7月予定デス。

. 2017年6月3日西伊豆温泉行「いでゆ荘」限定記事

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

. 2017年6月3日西伊豆温泉行「いでゆ荘」その2

昼食を済ませ、松崎町石部地区へ。
ここは「平六地蔵露天風呂」が有ることで有名ですが、今日は山側へ入ります。
狭い道路(クルマ1台ギリギリ)をどんどん山側へ登って行くと、「いでゆ荘」の看板の有る駐車場に。
若女将が駐車場まで出て来て迎えてくれました。

建物は、ご覧の通り。休業から多少手入れはしていると思いますが、基本以前のままデス。(笑)
でも、建物内はキレイに手入れされています。
玄関に入ると、「看板ねこ🐱」ちゃんが出迎えてくれます。(笑)
日帰り入浴料金500円は、非常にウレシイ!
早速、夢に見た(おおげさ(笑))露天風呂へ。

思っていた以上に広い‼
10人以上入れる広さデス。
湯温も38~39℃位で、この時期でも長湯が楽しめます。


崖側には、祠(?)がくり貫かれてます。


それでは皆で記念撮影。 📷


PM2:00頃からPM5:00頃まで、
のんびりマッタリ、そして楽しく
温泉を堪能しました。(@^^@)/

楽しかった湯浴みの内容は、
「限定記事」にて。

. 2017年6月3日西伊豆温泉行「いでゆ荘」その1

2017年6月3日(土)、西伊豆は石部温泉「いでゆ荘」へ行ってきました。

実はこの「いでゆ荘」、約8年前に休業した旅館で、その頃行こう行こうと思いながらなかなか行けず、やっと行ったときには既に休業中。
オイラにとって「幻の温泉」だったんデス。

ところが先日、何気に他の方のブログを見ると、見覚えのある(写真でね)人魚像が写った画像を見つけ、記事を読むと最近再開したとのこと。
これは是非とも行ってみなければ!
でも、一人で行くのも寂しいな~。
と、何人かの混友さんに声をかけると、
Yちゃん、Kちゃん、Y&Aちゃん夫婦が同行OKとの返事。(^^)
Kちゃんに、オイラとYちゃんを熱海で拾ってもらい、Y&Aちゃん夫婦とは松崎町の道の駅で待ち合わせ。

さて当日、熱海駅で3人顔合わせ。
Kちゃんとは群馬オフ会で一緒だったけど、
Yちゃんとは久しぶりです。
熱海から通称「熱函道路」を通って函南町へ。
ここで7月いっぱいで営業を終了する予定の
「駒の湯 源泉荘」に立ち寄り。

立ち寄っただけで、入浴はしていません。
(笑)(^o^;)
そのまま修善寺を通り、土肥へ抜ける前にもう1ヶ所立ち寄ったのが「旭滝」。

ここ、あんまり知られていないんだよね。
地元のKちゃんも、「初めて来た。」って行ってたし。(笑)
「浄蓮の滝」や河津の「大滝」は有名だけど、オイラは結構この「旭滝」、お気に入りデス。


「旭滝」をあとに、一路松崎町へ。
道の駅「花の三聖苑 松崎」には、約束の正午に到着。
既にY&Aちゃん夫婦は到着してました。
Y&Aちゃん夫婦も、群馬オフ会参加組。
Yちゃんとは、4月のKさん主催のオフ会以来の顔合わせデス。

先ずは旅館に行く前に腹ごしらえ。(笑)
入った店は、「長八美術館」近くに有る
磯料理「さくら」。
名物「鯵のまご茶」。

大量の鯵のタタキを、炊きたてご飯の上に乗せて頂きます。
そして、半分位になったところで、お店のヒトに頼んで出汁をかけてもらい、お茶漬けで頂きます。
キンキンに冷えたビール🍺も旨し‼(笑)
(今日は運転無しなので)

お腹も満たされたところで、
いよいよ「いでゆ荘」へ。(^-^)/

つづく

. プロフィール

ブンゲン

Author:ブンゲン
スーパーcubで混浴を巡っている
(最近は中型やレンタカーも)、
バツイチ、独身の中年オヤジ(笑)。
まぁ、いわゆる「ワニ」なんでしょうが、
他のワニさん達と違うところは、
獲物をジッと待つのではなく、
blogという「擬似餌」で
獲物を集めてしまうという、
チョウチンアンコウのような
掟破りの技を使うワニ(笑)。

別名「Mrラコステ」(笑)

温泉で出会ったら、声をかけて下さいね。

. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR